時間の短縮

花嫁と花婿

婚活といえば浮かんでくるのはパーティーだと思います。
今でことインターネットを使用した婚活サイトが主流ですが、以前は「婚活」という言葉ですたありませんでした。
この言葉は2007年ごろに生まれた造語だといわれています。
婚活の歴史を探ってみると、1970年ごろに発足した「全国仲人連合会」が始まりと言われています。
今でいう結婚相談所です。
それらは大手企業も入ってきて大きな市場となっていきました。
その後インターネットが整備され、婚活サイトが普及していきました。
現在は、実店舗型の結婚相談所と婚活サイトの二種類にわかれています。
皆自分のライフスタイルに合わせながら、お互いの利点を考えながらどちらかを利用しているのです。

今後はサイトの方が主力をなしていくのではないかと思われます。
安い料金で顧客を獲得するところが多く出てくると思われます。
それも、大手や法人ではなく個人単位で運営していくとこをが増えそうです。
それは、インターネットとソフトを使用すれば可能だからです。
それに加え、ネットを使用することに抵抗が少ない世代が増え、また出会いを自ら求めない人が増えてきていることを考えると、これからさらに発展していく市場だと思われます。
法人から個人と言いましたが、国にとっても結婚しない人が増えることは死活問題です。
その為、政府もこの市場に乗り出し、国家プロジェクトを発足させる可能性もあります。
これからの日本を背負っていく可能性のある市場だということです。

早く結婚したい場合には、婚活を行いましょう